Heaven's Vibe

オリジナルのUnivibeをとことん研究する所からHeaven's Vibeの製作は始まりました。

 

現在一般的に市場に出ているビンテージのUnivibeのほとんどが新映製のUnivibeです。

しかしUnivibeを最初に開発したのはHoneyという会社でした。

Honeyは1967年にUnivibeを発売しましたが、1969年頃には倒産してしまいUnivibeは1970年頃には新映に受け継がれます。

しかし70年以降の新映製になると、ロゴが若干変わるだけで無く、回路が変更されて音が変わってしまいます。

 

 Jimi Hendrix/Stevie Ray Vaughan/David Gilmour等に愛用されたUnivibeですが、彼らのサウンドはHoney時代の最も初期のUnivibeサウンドでした。

しかも彼らのサウンドを良く聞くと分かるのですが、水の中にいるような、空気自体が揺れ動くようなサウンドは今市場に出ているビンテージでは無く、新品のUnivibeサウンドです。

当時のコンディションを保持した固体は10台に1台とも言われています。

わずか2年間しか製造されなかったHoney時代のUnivibeを探すのは困難な上に、抵抗やコンデンサーが劣化したビンテージのUnivibeでは当時のサウンドを再現するのは、まず不可能です。

 

“本物の音楽”に触れ、“本物のサウンド”を追い続けたJunDogGod氏の手により、生み出されるハンドメイド・モデルです。

音として重要な部分は貴重な当時のデットストックを探し出し使用しています。

ビンテージパーツでありながら新品と言っても良いコンディションのデットストックパーツを入手する事によって最も初期のUnivibeサウンドを完全に再現しています。

このサウンドは唯一無二と言っても過言ではありません。

 

プレイヤー として、技術者としての今までのノウハウを惜しげもなく注ぎ込み、世にある歴代の名器を徹底的に研究し、新しいモノを作り出す。そして数あるハンドメイ ド・エフェクター・ブランドと同等以上のパーツ選定、ワイヤリング技術、そしてサウンドをお届けしたいというJunDogGod氏の熱意と誠意に、我々は共感・賛同し、プレイヤーの方々にお届けいたします。

 

※Heavens'Vibe製品はレアパーツ等を使用している為、急な仕様変更や販売中止になることがございますのでご了承ください。

販売価格 148,000円

一般的なエフェクターボードに搭載可能にする為に、オリジナルより本体の高さを若干低く設計しています。

またオリジナルの揺れのスピードはMAXでもそれ程早くはありませんが、ハイスピードモードを搭載していますので、オリジナルよりも早く、細かなUnivibeサウンドを得る事が出来ます。

アンプを2台繋げてステレオ出力も可能です。

アンプを2台繋げた状態で1台だけUnivibeサウンドを出すも可能ですが、2台共にUnivibeサウンドを出すデュアルモードも搭載しています。

 

基本カラーは赤・グレー・白となります。

画像はミュージシャン専用の特別仕様となります。

基本カラーのみでの製作となりますのでご了承下さい。

※完全ハンドメイドの為、生産が少なく納期にお時間を頂く場合がございます。
商品に関しての質問、オーダーはメールにてお問い合わせ下さい。
メールフォーム

 

Eric Johnson氏は専属のギターテックがHeaven's Vibeを購入して頂き、ライブでも使用されています。

またDerek Trucks/Vernon ReidLiving Colour)/ DoyleBramhall Ⅱ((Eric Claptonサポートギターリスト)も愛用しています。

■所有ミュージシャン■

ジャックブルース

ミックマーズ

ナイルロジャース

タル ウイルケンフェルド

サイモン タウンゼント(The Who弟)

 


Heaven's-Vibe-Dual mode

 


2012年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

営業日カレンダー

※赤印は休みとなります。

 

 

 

 

What's New

特定商取引
特定商取引